チャットレディは確定申告しないとバレる!?注意点ややり方、経費は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

副業や在宅ワークでチャットレディメールレディ・テレフォンレディ)を始めるという方もたくさんいらっしゃいます。

このとき1つ意識しておかないといけないのが、確定申告をしないといけないということと、確定申告をしない・忘れてしまうと大きなリスクや危険性があるということです。

チャットレディといっても立派なお仕事になりますので、申告しないと脱税になり必ずバレることになりますので忘れないようにしましょう。

 

でも、

「確定申告しないとバレるのはなぜ?」
「注意することはあるの?」
「経費って何があるの?」

というように、いろいろとわからない部分も多いですよね。

そこでこのページでは、

チャットレディは確定申告しないとバレる!?注意点ややり方、経費は?

という内容で詳しく解説していきますので、ぜひお役立てください。

 

チャットレディは確定申告が必要なの?

それではさっそく、本題の1つ「チャットレディやテレフォンレディ」などのお仕事をすると確定申告が必要になるのか?

その結論から言うと【必要】です。

 

チャットレディといっても社会人や主婦、そして学生と違いがありますよね。

当然、あなたがどの立場にあるのかでも要件は多少変わってきますので、以下の金額を年間で稼いだ場合は確定申告が必要となります。

【アルバイトをしていない学生や主婦】

年間で38万円を超えた金額を稼いだ場合

【アルバイトをしている学生や主婦】

年間で20万円を超えた金額を稼いだ場合

【副業としている人】

年間で20万円を超えた金額を稼いだ場合

このように、主婦や学生でも確定申告が必要となるのでご注意ください。

それぞれの場合を、もう少し具体的に解説していきます。

 

アルバイトをしていない学生や主婦

アルバイトなどをせずに、チャットレディだけ行っている学生や主婦は年間で38万円以上稼いでしまうと確定申告が必要になります。

しかも、この金額を超えた収入を得ていると、扶養控除や配偶者控除なども受けられなくなってしまいますので、身内にチャットレディをしていることがばれてしまいます

 

そのため、どうしてもバレたくないという方は、所得が38万円以下になるように働く時間などを計算しながらうまく仕事を入れていくようにしましょう。

1カ月で計算するとおよそ31,600円ですので、月3万円以上稼げるようになったら確定申告も意識するようにしましょう。

 

アルバイトもしている学生や主婦

もしあなたが、チャットレディとは別にアルバイトやパートなどのお仕事をしている場合は、年間で20万円以上稼ぐことで確定申告をする必要があります。

年間で20万円というのは、1カ月にするとおよそ16,666円です。

 

チャットレディをしている女性の中には、1時間で7,000円以上稼ぐ人もいますので、あっという間にオーバーしてしまうことになります。

報酬が高く稼ぎやすいというのは大きな魅力になりますが、確定申告を気にしている人からすると、すぐに超えてしまう可能性があるということは意識しておきましょう。

 

副業でチャットレディをした場合の確定申告は

本業とは別に、お小遣い稼ぎでチャットレディやテレフォンレディの副業を始める女性も増えています。

この場合も、年間20万円以上稼いだ時点で確定申告を行わないといけません。

 

チャットレディの確定申告での注意点や疑問を徹底解説

ここからは、確定申告をするときの注意点や気になる疑問について徹底解説していきます。

 

会社にばれる?

本業やバイトをしながらチャットレディなどのお仕事もする場合に気になるのが、「会社(本業)にばれるのかな?」という心配ですよね。

ですが、このような心配は無用です。

なぜなら、正しい知識をもって確定申告をすることができれば、あなたがチャットレディの仕事を副業で行っていることは会社にばれるようなことはありません

その方法についてはこの後にご紹介していきます。

 

マイナンバーから会社にばれるのは本当なの?

ネット上でよく見かける噂がマイナンバー制度が始まったことで会社にバレるという情報ですよね。

ですが、これらの噂はデマですので気にする必要はありません。

 

そもそもマイナンバー制度とは国民が税金をしっかりと納めているのか確認することを目的としています

つまり、国が管理しているのであり、その情報が会社に流れてしまうような心配はありません。

 

そのため、会社にバレるのが嫌だからといって確定申告をしないという考えは辞めておきましょう。

むしろ、申告をしていないことで会社にバレるよりも大きな問題になってしまうからです。

 

確定申告をしてばれた!?正しい申告をしていないだけかも

さらにネットでいろいろと情報を集めてみると「確定申告をしたら会社にバレてしまった」という口コミも見かけることがありますよね。

ところがよくよく調べてみるとその理由の多くが「住民税」が引き金となっていたのです。

 

そもそも住民税というのは所得金額によって変わります。

例えば年収500万円の人なら約20万円の住民税を収めることになります。

「でも、なんで住民税からバレるの?」

と気になりますよね。

 

これは、年収500万円のOLは約20万円の住民税を支払うだけでよいにもかかわらず、30万円支払うことになれば、その誤差10万円分を副業で稼いでいるということを会社の経理の人が気が付いてしまうためです。

つまい、副業の分の確定申告も会社にやってもらうような感じになっているのが間違っているのです。

バレない正しい申告方法とは、あなた自身で納付をすることです。

つまり、特別徴収という形にするのではなく、あなた自身でチャットレディで稼いだ分を確定申告するようにすれば、会社にばれる心配がありません。

 

特別徴収にしない確定申告の方法

特別徴収で行ってしまうので、会社にあなたがなにか副業をしていることが必ずばれてしまいます。

もちろん、事前に会社側に伝えていれば問題はないですが、なかなかそうはいかない世の中ですよね。

 

そこで、「特別徴収にならないようにするためにはどうすればいいの?」という疑問もありますよね?

実はこれはとても簡単で、確定申告をする際に、必要な書類の中に「自分で納付」という項目にチェックを入れるだけです。

こうしておくことで、特別徴収にされないので会社にバレなくなります。

 

「それでもまだ不安がある…」

という方もいらっしゃることでしょう。

役場の担当者も一人の人間ですからどこかでミスや見逃しているという可能性はゼロではありません。

そこで、絶対にバレるわけにはいかないという方は確定申告後に役場に連絡をしてしっかり特別徴収になっていないことを確認するようにしましょう。

 

周りからバレる危険性も

ここまで徹底していても、あなたが会社の同僚などに副業をしていることを話してしまうと、そこからバレるというケースもあります。

どんなに仲の良い同僚でも、人間関係はとても複雑でいつどうなるか分かりませんので、チャットレディをしていることは基本的に会社で話をしないようにすることも大切です。

 

チャットレデイの「経費」について

確定申告をする場合、かかった経費が多いほど所得税も少なくなります。

ですが、なにを経費することができるのか分からないと困ってしまいますよね。

 

基本的には、チャットレデイの仕事をするために使ったお金が経費となります。

例えば以下のようなお金の使い方ですね。

・チャットで使うための衣装を購入した

・チャットレディをするためにパソコンやWebカメラの購入

・勤務型チャットレディの場合は交通費

・チャットで使うための小道具

このようなものが経費として認められる可能性があります。

また、使ったおかねは必ずレシートや領収書を保管することも忘れないようにしましょう。

※経費については税理士の方に相談をするのが確実です。

 

チャットレディの確定申告におすすめの方法

確定申告は、すべて手作業で行うのはかなり効率が悪いですし時間もかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、「クラウド系会計ソフト」。

こういったツールを活用することで確定申告の手間を減らすことができます。

 

基本的な流れは以下のようになります。

1、1年分のレシートや領収書を集める
2、経費を「勘定項目」ごとに分けていく
3、導入したソフトに売り上げ・経費を入力していく
4、控除に必要な資料を用意する
5、確定申告書の作成

確定申告は作成する前の準備がいろいろと大変です。

 

1年に1回ではなく、その月ごとにまとめておくのがおすすめです。

最近では様々なソフトがありますが、「freee」などは専門知識がなくても、質問に答えていくだけで確定申告ができる優れものです。

しかも、パソコンはもちろんアプリを使うとスマホからでも簡単に確定申告に向けた作業ができるので、忙しいホトでもスキマ時間に作業を行うことが可能です。

30日間の無料お試し期間もありますので、実際にソフトを使ってみたいという方にもおすすめですよ。

 

それでも不安な方は税理士に相談しましょう

それでも確定申告をしてミスが洩れがあるかもしれない…と、最初はとくに不安もありますよね。

初めての確定申告をするときには、税理士に頼んでしまうというのも1つの方法です。

 

何といってもその道のプロですから、入力ミスや漏れなどの心配もありませんし、分からないことも相談することができるのです。

ただし気を付けたのが、税理士選びですよね。

チャットレディというのは他の仕事と比べるとまだまだ特殊な業界ですので、この職業に詳しい税理士を探すことが重要になってきます。

 

ネットを使うことで探すこともできますが、「忙しくてそんな時間がないよ…」という方もいらっしゃるかもしれませんね。

そんな方におすすめなのが、「税理士ドットコム」というサイトです。

なぜこちらが良いのかというと、税理士ドットコムのコーディネーターがあなたに最適な税理士を探してくれるからです。

しかも、紹介サービスを利用するのは完全無料で、回数制限や紹介する人数にも制限がなく利用することが可能です。

 

さらに、ちょっといやらしい話になりますが、税理士との料金交渉やお断りの連絡など直接自分から伝えにくいところもコーディネーターがサポートしてくれます。

納得いくまで何度でも無料で紹介してくれるので、まずはお問い合わせから気軽に連絡してみましょう。

 

チャットレディの確定申告まとめ

今回は、チャットレディやテレフォンレディ・メールレディなどのお仕事をした場合の確定申告の必要性や注意点、会社にバレない方法、確定申告におすすめのソフト、税理士の探し方などについてご紹介してきました。

チャットレディを始めてみた、またはこれからやってみようと思っているけれど、税金についていろいろと不安があるという方も少なくはないことでしょう。

基本的には確定申告は必要であり、会社にバレないようにするためには自分で申告をして、さらに役所に後日確認の電話をしておくというのがおすすめです。

 

☑今回紹介したおすすめのクラウド会計ソフト

>>会計ソフトfreee

☑おすすめの税理士紹介サービスはこちら

>>税理士ドットコム

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)