ポイ活に税金がかかる!?確定申告が必要なケースとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主婦の間で「ポイ活」という副業節約術が話題になっていて、最近は多くの人がやっていますよね。

そんなポイ活で必要なポイントサイトやアンケートサイトを使ってるときに気になるのが、「ポイ活で税金はかかるの?」ということではないでしょうか?

もし、税金がかかるのに、申告をしないでいると税務署さんから怒られてしまいますからね。

気にはなっても、やっぱりこういったことは知らないと不安もあると思います。

 

そこで今回は、

ポイ活に税金がかかる!?確定申告が必要なケースとは?

といった内容で詳しくご紹介していきます。

これからポイ活をやってみようと思ってる方も、ぜひ最後までご覧ください。

 

ポイ活は「雑収入」です

ポイ活で必要になるポイントサイトやアンケートサイトなどで貯めたポイントは、一般的には「雑収入」として考えられます。

ですので、あなたの所得が一定以上になると確定申告をする必要があるということですね。

では、いくら以上になったら確定申告が必要になるのかもいっしょにチェックしていきましょう。

 

収入がある人・副業は年間20万円以上で確定申告

あなたが今、収入がある状態なら正社員でも派遣社員でも、パートであっても年間で20万円以上の金額を稼ぐと確定申告が必要になります。

1カ月当たり約16,000円以上稼いでいたら、申告が必要ということです。

ですが、収入から経費を引いた金額が20万円以下なら、申告をする必要はありません。

ただ、ここまではご存知という方もいると思いますが、さらに細かくチェックしていくと以下のような注意事項もあるので気をつけるようにしましょう。

 

住民税は1円でも稼いだら申告が必要になる!

先ほど、20万円以下なら確定申告をしなくても良いとは言いましたが、実は住民税といった税金は、たとえ1円でも稼いだ時点で申告をしないといけないのです

さすがに、今の世の中で1年で1円だけ稼ぐということはまず考えられないのですが、後々のトラブルを避けるためにも、この辺りは意識しておくようにしましょう。

詳しくは、最寄りの市役所や税務署などで相談してみてくださいね。

 

無職・ニートなら38万円以上稼ぐと確定申告!

もし、あなたが現在無職であったりニート、または専業主婦というように、仕事を全くしていない人なら、確定申告に必要なボーダーラインが少し上がりますよ。

収入が全くない人なら、年間38万円以上稼ぐと確定申告が必要になります。

1カ月で約3万円くらいまでならOKということですね。

 

また、先ほどと同じような話になりますが、住民税は33万円以上稼いだ場合に申告必要になります。

ただし、住民税は、地域などによって異なったりもしますので、事前に役所などで相談して確認するようにしてください。

 

アレもコレも!?ポイ活の課税対象

ポイ活でポイントサイトやアンケートサイトを使ってると、いろいろな方法でポイントを貯めることができますよね。

中には「○○なら大丈夫じゃない?」なんて思われるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。

勝手な判断で決めてしまうのは、それこそ後々問題にもなりかねませんからね。

ポイントサイトで定番の以下の方法ももちろん、課税の対象になるのでしっかりと覚えておいてくださいね。

●楽天やYahoo!ショッピングなどでお買い物したときの還元ポイント

●モニターや高還元案件で獲得したポイント

●ゲームで遊んで貯めたポイント

●お友達紹介で稼いだポイント

●記事作成やデータ入力で稼いだポイント

●アンケートに答えてもらったポイント

という感じで、基本的にはすべて課税対象にされてしまうようです。

※ポイントサイトについては、実は税理士さんによって見解が異なっているのも事実です。数年前まではネットショッピングの還元率は割引扱いといわれていたのですが、最近相談してみたら話が変わっていましたからね。

小まめに確認しておいた方がよさそうです。

 

ポイ活の確定申告対策はこれ

「ポイントサイトでコツコツ貯めたポイントが、ギリギリ申告ラインを超えてしまった・・・」なんていうのはイヤですよね。

超えるのなら、一気に超えたいものですし、ギリギリというのが一番税金のダメージが大きいのです。

そこでいろいろと調べてみると、ギリギリラインを稼いでいる人や、これから稼ごうと思ってる人に耳寄りな情報をGetしました!

 

それがこちら

●ポイントは換金した時点で収入となる

ということです。

そもそも、ポイントサイトのポイントはそのままではお買い物をしたりすることができませんよね?

まずはポイントを換金したり、電子マネーに交換しないとならないので、ポイントのままなら収入にはならないとのことです。

とはいっても、こちらは私の地域の税務署の見解ですので、一応あなたの地域でも確認してみてくださいね

 

ポイ活を始めるなら、収支の記録を!

ポイ活初心者の人が、いきなり年間20万円を超えるのか?と言われれば、おそらく大丈夫だとは思いますが、やっぱり利用頻度が高い人だと初年度からこのボーダーラインを超える可能性もあります

 

そこで、ポイ活をはじめたら、メモ帳やノートにしっかりと記録しておくことが大切です。

あまりに細かくつける必要はないかもしれませんが、こちらも作業の1つとして普段からやっていれば急に慌ててまとめたりする必要もなくなりますからね。

各ポイントサイトでは通帳から一月に獲得した合計ポイントを確認することもできたりしますので、こういったところをまとめておくようにしましょう。

 

経費ってなに?ポイ活の経費について

ポイ活を使ってるときに、経費を差し引けばもしかしたらボーダーラインを超えないかもしれませんよね。

では、どういったものが経費になるのかもいっしょに見ていきましょう。

●サーバー代金

●ドメイン代金

●電気代(一部)

●通信量(一部)

●パソコンやスマホの買い替えたときの一部代金

これらは、経費とすることができますよ。

電気代や通信費などはプライベートでも使ってるということもあって、あまり期待できるようなほどではありません。

ただ、紹介やアフィリエイトなど仕事専門にかかる出費(ドメイン代やサーバー代)は全額経費にすることができるのはうれしいですよね。

 

 

ポイ活をはじめたら税務署へ!

ポイントサイトの見解は、税務署や税理士さんによって答えが違うのが現状のようです

この辺りは、もっと知名度が上がってくれば統一されてくるとは思うのですが、やっぱり知らないうちに申告漏れ扱いにされるのはイヤですよね。

 

ですから、まずはあなたの住んでる地域の税務署へ、以下のようなことだけでも相談しておきましょう。

●経費になるモノはどれか?

●ポイントは換金したら収入になるのか?ポイントを獲得した時点で収入になるのか?

他にも、聞いておきたいことがあれば専門家に相談しておきましょう。

 

ポイ活の税金や確定申告については、ネットだけの情報を鵜呑みにしてしまうのはとっても危険です

ウソの情報ではないにしても、地域によって答えが違うのですから、慎重になって損はありませんからね。

 

まとめ

今回は、『ポイ活に税金がかかる!?確定申告が必要なケースとは?』についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ポイ活はとっても手軽にできる節約術やお小遣い稼ぎとしても注目されてる最新の方法ではありますが、お金を稼ぐということには変わりがありませんので、必ず税金問題も出てくるのです。

 

「知らない間に脱税をしていた・・・」なんてことにならないように、しっかりとチェックしながらポイ活を楽しんでいきましょう!

やよいの白色申告オンラインなどは、無料で使える便利ツールで、家計簿のような感覚で利用することができますし、確定申告に必要な書類もそのまま印刷することができるという優れたソフトですので、とっても便利ですよ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)