【ステップ3】稼いでいる人は必ずやっているキーワード選定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトの始め方をステップよくこなしていく方法も、今回でいよいよ第3弾です。

ここまでは、ASPへの登録や稼げるジャンルについてお話をしてきましたね。

ですが、さらにワンランク上の脱初心者を目指すのであれば、今回のテーマとなる「キーワード選定」はとても大切になります。

このキーワードが間違っていると、どんなに人気の商品でも、どれだけ需要があるサービスであってもサイトを訪問してくれる人がガクッと減ってしまいます

 

そこで今回は、

【ステップ3】稼いでいる人は必ずやっているキーワード選定

についてご紹介していきます。

どれだけ有名な商品を選んだとしても、このキーワード1つで訪問者数が大きく変わってくることになります。

初心者の方は面倒だと見てみぬふりをしてしまうところではありますが、アフィリエイトで稼いでいる人は必ずやっていることですので、ぜひお役立てください。

 

キーワードにはどんなものを選ぶのがいいの?

アフィリエイトサイト内で紹介している商品に関連したキーワードを選ぶのが基本です。

★商品名

★最安値

★人気

★販売場所

★通販

★評判

などなど、他にもたくさんあります。

 

近年では、ネット上で使える無料のツールなどを使って調べる方法が定番になっています。

大手が提供するツールといえば、Googleが提供している「キーワードプランナー」はとても有名ですね。

ここでは、複数のキーワードの検索数を一覧で見ることができたり、大まかな需要もチェックすることがでいます。

 

他にも簡単に使えるものだとYahoo!の虫眼鏡キーワードを使った方法もあります。

例えば、「引越し」というキーワードを入力すると下記画像のようにいろんな複合キーワードが表示されます。

あなたもYahoo!を利用されたことがあるならご存知かと思いますが、ここに表示されるキーワードは一定以上の検索をされることで表示されるのです。

ですから、こうした検索ボリュームのあるところからキーワードを決めていきます。

 

キーワードは自分で考えるもの?

キーワードは自分で一生懸命に考えて出すものなのでしょうか?

私も最初のころはこのようなツールを使わずに、自分で考えていましたが、やっぱり自分で考えたキーワードは、そのほとんどが検索数の少ないダメワードばかりでした

稀に大当たりすることもありますが、そのような運だよりではアフィリエイトで長く稼いでいくことはできません。

 

ネットで稼ぐためには「データ」が何よりも強い武器となります。

しかも、だれでも無料でちょっとの時間で調べることができるのですから、これを付かなわいのはもったいないですよね。

 

RPG風に言えば、装備欄には伝説の武具を持っているのになぜか、ひのきの棒を装備しているようなものです。

実用性が高く、アフィリエイトサイトのレベルアップには欠かすことができないのが、需要のあるキーワード選びですので、ここは多少の時間を使ってもしっかりと調べた方が良いです。

 

キーワード選びには、ターゲットを明確に決める

ツールを使えばいろんなキーワードを考えるまでもなく見つけることができるということは分かりましたか?

ですが、どんなにキーワード選びを慎重にしても、ターゲットが決まっていないと意味不明な記事タイトルが出来上がってしまいます。

 

例えば、先ほどの『引越し』というキーワードを例にしてみると、

★「引越し」の業者を探してる人

★「引越し」の見積もりをしたい人

★「引越し」を安く済ませたい人

というように、ターゲットといってもかなり変わってきますよね?

 

他にも、

★「引越し 都道府県」

と地名を入れるだけでも、その都道府県へ引越を考えてる人をターゲットとすることができます。

 

引越しを安く済ませたいユーザーに、都道府県情報を提示したとしても役に立つ情報にはなりませんよね?

しっかりと、その記事に誘導したいユーザーはどんな方なのかをハッキリと決めておくことが大切です

内容があやふやな記事では、もし検索エンジンの上位に表示をされたとしても、アクセス数は増えても成果は増えない可能性も十分にありうることですからね。

 

キーワードは「複合ワード」を使う

ある程度ターゲットが決まったら、先ほどのように調べながらキーワードを決めていきます。

この時、商品名を使うこともあると思いますが、商品名だけだとインパクトが弱いですし、ベテランが作ったサイトよりも上にいくことはほとんどないです。

 

そこで、弱小ブログや初心者の方でも稼いでいる人が実践している方法が『複合ワード』でタイトルを作るということです。

また、『引越し業者』を例に挙げてみると、複合ワードには以下のようになります・

★業者名+評判

★業者名+単身パック

★業者名+料金

★業者名+口コミ

他にもまだまだ出てきますが、選ぶサブワードは利用する意欲が高そうな人が検索するであろうワードです。

 

実際、○○引越センターと検索すると、営業所や電話番号などのワードも出てきたりします。

ですが、このワードで記事を書いたとしても、あなたのサイトから引越しの見積もりや相談をしてくれるとは思えませんよね?

これならば、先ほどの口コミや料金などでタイトルを作った方が、これから利用しようと検討中の方にターゲットを絞ることができます。

 

複合ワードは1つだけではなく2~3つ合体させても問題はありません

ただ、この場合も矛盾したキーワードがくっつかないようにすることも大切です。

 

キーワード選び手順のまとめ

それでは、ステップ1~3のまとめとして、キーワード選びの手順について、ここでいったん簡単にまとめておきます。

  1. アフィリエイトするジャンルを選ぶ
  2. 商品を選ぶ
  3. Yahooの検索窓に入力したり、無料ツールを使いキーワードを調べる
  4. メインワード以外に2~3個ほどサブキーワードを入れる

というようになります。

じつを言えば他にもいろいろな方法がありますので、ゆくゆくはあなたに合った流れをみつけていくことで効率もアップしていきます。

 

1、アフィリエイトするジャンルを選ぶ

まずは、どんなジャンルでサイトを作りたいのかを決めます。

ここではあまり深く考えなくても、あなたの普段の生活から「これならいけそう」と思ったところで選んでも大丈夫です。

アフィリエイトは、そもそも作ったサイトがすべてヒットするということはまずありえません

最初の1サイト目は練習のつもりで軽い気持ちでスタートしましょう。

 

2、登録したASPから商品を選ぶ

ジャンルが決まったら、最初にどの商品を紹介するのかを選んでいきます。

このとき、その商品は今需要があるのか?ということも意識しておくようにしましょう。

とくに季節モノは、一度外してしまうと1年間は役に立たない記事になってしまいますからね。

長い目で見れば翌年に活躍してくれることになるのですが、そういった細かいところも意識するとかなり結果は変わってきます。

 

3、キーワードを調べる

紹介する商品が決まったら、無料で使えるツールを使ってキーワードを何にしようか決めていきましょう。

このとき「メインワード(1個)」+「サーブワード(2~3個)」くらいで記事のタイトルを考えていきます。

また、月間ボリューム数は多すぎるとライバルがそれだけたくさんいることになります。

できればサブワードを入れて、100万以下のワードを探していきましょう。

 

4、タイトルを決める

「○○引越し業者+口コミ+評価」のように、複数のキーワードを使いタイトルを作りましょう。

このとき、日本語としておかしくなってしまわないようにすることも大切です。

 

まとめ

今回は『【ステップ3】稼いでいる人は必ずやっているキーワード選定』についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

稼げていない人の中には、このキーワード選びをほとんどやっていないで記事を投稿している方が多いです。

 

そもそも、作ったブログやHPなどは基本的には検索エンジンからのアクセスが多いですから、検索エンジンで上位表示されるキーワードでタイトルを作らないとアクセスが集まることはありません

アクセスアップのためにも、このキーワード選びというのは毎回時間をかけてでもしっかりと行うようにしましょう。

 

まだASPへの登録が終わっていない方は、下記から無料登録できます。

▼こちらからA8.netに無料登録できます。

A8.netの安全性や評判・評価はこちら

▼こちらからもしもアフィリエイトに無料登録できます。

もしもアフィリエイトの安全性や評判・評価はこちら

 

次回は記事ネタがなくなったときの対策をご紹介します。

お楽しみに!

 

ステップのおさらいはコチラから

まずはアフィリエイトに必要なものについてから

 

どんなジャンルでサイトを作るのかを明確にしておきましょう。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)