Point Exchange(ポイントエクスチェンジ)とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイントサイトのげん玉は、国内最大級の人気サイトで、総換金実績は30億円以上という実績もあります。

そんなげん玉では、買い物や資料請求、会員登録などのサービスを利用したり、ネット副業で人気の記事作成やデータ入力をしてポイントを稼ぐことができます

このポイントは直接換金することはできず、一度「Point Exchange(ポイントエクスチェンジ)」という合算サイトを経由する必要があるのです。

慣れていないと、ここが少しややこしいところでもあります。

そこで今回は、

Point Exchange(ポイントエクスチェンジ)とは!?

についてご紹介していこうと思います。

げん玉ポイントの交換に必須のサイトになりますが、最初から登録する必要はありません。換金できるくらいのポイントが貯まってから登録すればいいので、最初から気にする必要はありませんよ。

 

Point Exchange(ポイントエクスチェンジ)とは?

ポイントエクスチェンジは、提携しているサイトで貯めたポイントを合算して、現金や電子マネー・ギフト券・商品などに交換することができるサービスです。

ECサービスをよく利用する
ポイントを現金に交換したい
電子マネーやギフト券に交換して使いたい

などの要望に応えることができるように、ポイントの交換先も豊富です。

登録や年会費などは無料で利用することができます。

利用時の注意点として以下のようなところがあります。

・年齢制限 16歳以上(20歳以下は保護者の同意が必要)
・ポイント有効期限 前回のポイント移行(交換)から180日間、新しくポイントを移行したり交換しないと失効します。
・ポイント交換の上限 ポイントエクスチェンジから現金への交換は1回10万円分のポイントが上限となります。

 

 

げん玉ポイントをポイントエクスチェンジに移行するメリットは?

げん玉のポイントを、ポイントエクスチェンジに交換するメリットは、

◆ 月に1回げん玉ポイントを移行すると、交換手数料が無料になりチケットがもらえる

ということです。

 

ポイントエクスチェンジから現金に交換するとなると、少なからず振込手数料がとられてしまうのですが、月に1回、げん玉ポイントを移行することでこの手数料がタダにできるチケットをもらうことができます。

このチケットがあるおかげで、どんな交換先でも1回分は無料で利用できますよ。

 

ただ、複数回ポイント交換するとなると2回目以降は交換に手数料が発生してしまうということでもあります・・・

その場合は、急ぎでなければ翌月まで待ってから交換するのがおすすめです。

 

Point Exchangeの交換先一覧

現金

銀行名 交換期間 手数料
ゆうちょ銀行 5営業日以内 165pt
全国金融機関 3営業日以内 206pt
三井住友銀行 3営業日以内 195pt
三菱東京UFJ銀行 3営業日以内 206pt
みずほ銀行 3営業日以内 206pt
ジャパンネット銀行 2営業日以内 93pt
住信SBIネット銀行 3営業日以内 82pt
楽天銀行 2営業日以内 175pt

 

 

電子マネー

Suicaポイントギフト(500~3,000円分) 1口100~300pt
Vプリカ発行コード(500~3,000円分) 1口50~300pt
WebMoney (500~3,000円分) 1口49~250pt
Amazonギフト券 1口50pt
iTunesギフトコード 1口50pt
LINEギフトコード 1口50pt
nanacoギフト(500~3,000円分) 1口100~250pt
電子マネー「楽天Edy(エディ)」 155pt
DMMギフト券 1口75pt
Mobageモバコインカード(2,000円分) 1口200pt

 

 

ちょコム 15%
G-MONEY 75pt
BitCach 1口75pt
TSUTAYA onlineギフト券(500pt) 1口50pt
ビットコイン 0円

 

他社ポイント

ANAマイレージクラブ 10%
ニッセンお買い物券 0pt
ベルメゾン・ポイント 10%
Tポイント 5%
LINEポイント 5%

 

商品券

図書カード 100pt
マックカード 100pt
お米券(1kg) 100pt
VJA(VISA)ギフトカード:100ptお米券(1kg) 100pt
ハーゲンダッツギフト券 100pt
ジェフグルメカード(全国共通お食事券) 100pt
クオカード 100pt

 

このように、交換手数料は通常発生してしまいますが、げん玉ポイントを交換したときにもらえるチケットを使うことで、月に1回無料で換金したりできるようになります。

そして、げん玉ポイントは、今のところPoint Exchangeを経由する以外に換金する方法がないので、ポイントが貯まってきたら登録するようにしましょう!

現在では、PointExchange以外にもドットマネーなどのポイント合算サイトを使うことができるようになっています。

ただし、ドットマネーにはない交換先がPointExchangeにはありますので、うまく使い分けながら効率よくお得にポイントの交換をしていきましょう。

 

げん玉とは

上場企業のリアルワールドが運営するポイントサイトがげん玉です。

440万人以上の方が登録・利用している国内でも最大級のポイントサイトの1つで、様々なポイントを稼ぎ方があるのが特徴です。

貯めたポイントは10ポイント=1円で、3,000ポイントからPoint Exchangeに交換することができるようになります。

 

そのため、まずはげん玉で初換金を体験するためにも、この3,000ptを最初の目標として貯めていきましょう!

といっても、あまり力まなくてもついで作業やスキマ時間にげん玉を利用するだけですよ。

例えば、

◆ 空いた時間の無料ゲームやアンケート回答する
◆ Wi-Fi環境で、げん玉経由でスマホアプリをインストール
◆ ネット通販サイトを利用する前に、げん玉から公式サイトに移動する
◆ 休日にCROWDで記事作成やデータ入力の副業をする
◆ ブログを作ってお友達紹介アフィリエイトをする

など、他にもまだまだポイントを貯める方法はたくさんあります。

すべてをそつなくこなすのは大変なので、あなたのライフスタイルに合わせて、使いたいときにげん玉を使っていくというのがストレスなく、コツコツとポイントを貯めることができる秘訣です。

 

せっかく換金できるポイントを貯めることができるのですから、ここはげん玉ライフを楽しんでいきましょう!

 

当サイトからげん玉に無料登録するだけで250ptの特典ポイントがもらえるのでお得に始めることができます。

こちらからげん玉に無料登録して特典Get

 

まとめ

Point Exchange(ポイントエクスチェンジ)は、げん玉ポイントを換金したりするために必須となります。

また、げん玉の場合は名前や住所などの個人情報を入力する必要はありませんが、Point Exchangeの場合は、以下の情報を登録する必要があります。

・メールアドレス
・パスワード
・名前
・生年月日
・郵便番号
・住所
・性別

さすがに、換金できたりするサイトですから、最低限必要な情報を入力しないといけません。

とはいっても、何か悪用されたり、迷惑メールが送られてきたりするといったことはありませんので、ご安心ください。

 

関連記事

げん玉(gendama) 安全性や評判・評価

げん玉は危険って本当なの?2chのクチコミや評判

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)