災害時に便利な無料Wi-Fi「00000JAPAN」の使い方や注意点やそのほかの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

台風や地震・洪水などの大きな災害があると、大規模停電などで情報を集めることが難しくなってしまいますよね。

そのような被災地で無料で開放される公衆Wi-Fiで「00000JAPAN」というサービスがるのはご存知でしょうか?

このサービスのメリットは、通信会社はどこを利用していたとしても無料で利用することができ、格安スマホでもWi-Fi接続が可能なら利用できるのです。

とても便利な反面、注意したいところもあるのです。

そこで今回は、この【00000JAPAN】というサービスの使い方と注意点、さらに他の対策方法についてもご紹介していきます。

スマホがネットに繋がれば、最新の情報を確認することもできますし、SNSなどで助けを求めることにも使うこともできますので、いざという時の参考にお役立てください。

 

無料Wi-Fi「00000JAPAN」の使い方

無料Wi-Fi「00000JAPAN」の使い方ですが、これはどの携帯キャリアでも無料で開放されていますので、IDやパスワードなどの情報を入力する必要はありません。

使い方はとても簡単で、

1:設定画面を開く

2:Wi-Fiを「ON」にする

3:ネットワーク設定画面で「00000JAPAN」のネットワーク名を選択

たったこれだけで、すぐにネットにつなぐことができます。

設定といっても、普段からWi-Fiを使って自宅でスマホを利用されてる方なら簡単にできると思います。

 

どんなサービスなのかについては、下記動画で説明されていますので、ぜひご覧ください。

▼ 動画を観てみる ▼

 

無料Wi-Fi「00000JAPAN」の注意点

ここからは、とっても便利な無料Wi-Fiの注意点についてもご紹介していきます。

 

どこからでも接続できるわけではない

さっそく先ほどの方法を使ってWi-Fiポイントを探してみようと、Wi-Fiのネットワーク設定画面を開いたのに「ネットワーク名が表示されない…」という方もいるかもしれませんね。

実は、アクセスするためには各社の公衆Wi-Fiスポットの近くまでいく必要があるのです。

つまり、自宅から手軽に接続することができるというわけではありませんのでご注意ください。

 

セキュリティ対策がされていない

無料Wi-Fi「00000JAPAN」は、緊急時の利便性を一番に優先しています。

そのため、通信の暗号化など今では当たり前となってるセキュリティ対策はなにもされていないのです。

 

つまり、この無料Wi-Fiを利用して、個人情報などの入力はしてはいけません。

当然ですが、通販サイトでのお買い物などももってのほかです。

●クレジットカード情報を入力しない

●IDやパスワードが必要なサービスは利用しない

●ネットショッピングをしない

こういったところはしっかりと意識するようにしましょう。

悪意のある第三者に、あなたの大切な情報を盗まれてしまう可能性もありますので、使い方には細心の注意をするようにしましょう。

あくまでも、災害時の情報を集めるためのものです。

 

災害時は偽SSIDにも気を付ける

災害時など利用する人が増えたときには、ハッカーなどが偽のアクセスポイントを用意してくる可能性も十分考えられます。

例えばですが、0が5つあることをしっかり確認したり、JAPANがJAPONになっていないかなどしっかりと騙されないように気をつけましょう。

 

必要なくなったら接続は解除する

とても便利な無料Wi-Fiですが、セキュリティ対策はされていませんので、必要性がなくなればすぐに設定を解除するのも忘れないようにしましょう。

解除する方法

1、設定をクリック

2、Wi-Fiを選択

3、「00000JAPAN」の横にある” i ”ボタンをタップ

4、「ネットワーク設定を削除」を選択

5、「自動接続オフ」を選択

こうすることで、自動的に接続していたというようなトラブルも防ぐことができるのでおすすめです。

 

ポケットWi-Fiでネット環境を確保する

先ほど紹介した無料Wi-Fiもとても便利ですが、解放される条件もありますし、セキュリティに対しても不安が大きいですよね。

そこでいつでもネット環境に繋げられる手段として「ポケットWi-Fi」を契約しておくというのも1つの方法です。

ポケットWi-Fiは、私の会社の先輩も日ごろから使っているのをよく見ているので、その利便性の高さはかなりすばらしいと思います。

 

しかも普段使いはもちろん、災害時のときにも役立つというのですから、万が一のときのことを考えてポケットWi-Fiを契約しておくのもありだと思います。



さいごに

「00000JAPAN」ですが、非常時にすぐに開放されるわけではありません。

携帯やスマホを長時間利用できない恐れがあると判断された場合に限り、災害発生から72時間以内に解放されるようになっています。

「でも、何で72時間だけなの?」

と気になると思いますが、これは災害時に生存者を救出する際の目安時間で、この時間内に通信手段を確保して救出しやすくするためということです。

 

最近は自然災害も増えてきていますので、万が一のときのためにも無料Wi-Fiサービス「00000JAPAN」は覚えておいて損はないでしょう。

忘れてしまいそうな方は、このページをブックマークしておいてくださいね^^

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)