20代派遣社員は早目に正社員を探した方がいい!理由とおすすめ就職支援サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

学校を卒業したけれど、正社員になることができず派遣社員として働いているという方はたくさんいます。

正社員の友人とかがいれば実感すると思うのですが、派遣社員と正社員ではやっぱり収入格差がかなり大きいですよね。

とはいえ、近年は正社員であってもブラック企業にあたってしまうとかなり悲惨なことになりかねません。

 

その場合も、ムリするくらいなら早いうちに転職を考えた方がいいでしょう。

世の中には優良企業もたくさんありますし、長い目で見れば昇給や賞与もある正社員の方が安心することができますからね

そこで今回は、

20代派遣社員は早目に正社員を探した方がいい!理由とおすすめ就職支援サイト

についてご紹介していきます。

働くことができる会社というのは世界に1社だけではありません。優良な企業をどんどん探して正社員を目指していく方が精神的にもゆとりが持てるのでぜひ参考にしてください。

 

派遣社員のメリット・デメリット

派遣社員といってもメリットもあればデメリットもあります。

 

派遣社員のメリットは?

正社員に比べると、残業をする責任も少ないため肩の力を抜いて働くことができます。

有給などの申請も比較的通りやすいといった魅力があるので、何か副業をやっている方が多くこの派遣を利用しています。

また、いろんな企業で仕事をすることもできるため、様々な知識や経験を積むことができるといったところも面白いですし、正社員に向けて有利な経験となります。

 

派遣社員のデメリットは?

派遣社員は、企業からすれば忙しい時の臨時社員です。

そのため仕事の量が減ってくれば契約が更新されずに終了(無職)となる可能性が高いです。

さらに、昇給や賞与も一般的にはありませんので、今以上に給料が上がることはないため、生活がギリギリという方には、貯金をする余裕もなく、将来不安を感じている方もたくさんいます。

 

また、ときどき求人を見ていると「派遣社員でも正社員になれる可能性がある」と書かれていることもありますが、その多くはリーマンショック事件の前までの景気が良かった時代の話です。

わたしも派遣社員ですのでよくこの手の話を耳にする機会が多いのですが、過去の話を出してくるだけで、実際に面接にいくと「今は正社員化はしていません」といわれることもありますからね。

そのため、派遣社員として今働いている会社が優良企業であっても、長く働けば正社員になることができるのか?といわれればその大半が「NO!」という答えになるでしょう。

 

派遣社員の3年ルールとは

さらに言えば、派遣社員であっても同じ業務を3年間任せていれば直接雇用にすることができるいわゆる「3年ルール」というものを聞いたことはありませんか?

2015年にできたばかりの労働派遣法になるのですが、これは「3年目以降の派遣社員の処遇については、雇用先が派遣をしている会社に直接雇用を依頼するか、新しい派遣先を紹介しないといけない。それか派遣元で無期限の雇用という形にすること」が決まりました。

 

ただし注意しないといけないことは、

◆直接雇用=正社員ではない

ということです!!

 

正社員以外でも直接雇用する方法はありますよね?

例えば「契約社員」とかですね。

この契約社員は、ブラック企業からすれば言い方が悪いですが、使い捨ての駒のように雑に使われるため、あまり良い環境ということはできません。

ちなみに以前私が働いていた会社の先輩は、10年間ほど派遣社員としてその会社に勤務しているようですが、直接雇用もなく正社員でもなく、ただ派遣社員としてず~っと雇われていました。

 

法律で決まっているから必ずしも、直接雇用な無期限契約・正社員にしなくても上手く抜け穴を突いて働かせている企業はたくさんあるということです。

今働いている企業がブラック企業かどうかは、厚生労働省の「ブラック企業リスト」からある程度チェックすることができます。

すべてではないにしても、毎月更新されるようになったようですので、小まめにチェックしておくといいかもしれませんね。

 

20代で正社員を目指した方が良い理由

派遣社員としていろんな経験を積むにしても、30歳を過ぎる前に正社員を探した方が良いです。

30歳以上となると、

◆ライバルが増える
◆応募できる求人が絞られる

といったデメリットがあるからです。

 

せっかく経験を積んでいても、ライバルが多くなってしまうとそれだけ採用される確率は一気に下がってしまいますからね。

中には、何十社も書類選考を通過することができないこともありえるのです。

少なくとも、過去に正社員として働いてた経歴がないと、30以降はなかなか難しい世の中になっています。

就活も年々大変になってきていますので、有利な20代のうちになるべく優良な企業の正社員になっておくようにしましょう。

 

20代で正社員を目指すなら転職支援サービスがおすすめ

派遣社員として長く働いていると、正社員での就活がよくわからなくなってくることもあります。

書類選考で落とされないために履歴書の書き方や、服装、面接の仕方などを一人で考えてもなかなか答えは出てきませんよね?

 

そんな方におすすめなのが、無料で利用できる転職支援サービスです。

無料で利用することができるにもかかわらず、この支援サービスに登録することでいろいろなメリットがあります。

 

1、エージェントが内定までしっかりサポート

書類対策や、面接の対応の仕方、さらに企業とのスケジュール調整など、プロのエージェントがしっかりとあなたをサポートしてくれます。

 

2、非公開求人も多数

フリーペーパーや、ハローワークに掲載されていないような優良企業の非公開求人も多数取り扱っているのも特徴です。

求人は、事前にプロのエージェントが企業を訪れてしっかりと調査をしているので、ブラック企業の正社員になるといった危険性もありませんので安心です。

 

優良企業の正社員になるのにおすすめの転職支援サービス

転職支援サービスといっても、近年はいろいろなサービスがあります。

その中でもオススメは、日本全国に拠点を持っている大手転職支援サービスの『DONA』です。

 

DONAでは、全国100,000件以上の求人数を誇り、日本最大級!

しかも、さまざまなジャンルの求人があるので、あなたが長く働きたい業界の正社員を目指しやすいのです。

また、登録者限定で一般的には公開されていない非公開求人の紹介も受けることができるので、より転職成功の可能性を高めることができます。

 

DONAの登録方法は?

最大手の転職支援サービス「DONA」は登録は完全無料です。

最初にプロフィールを入力することで会員登録を完了となります。

ここで入力する情報は以下のようになります。

●名前
●生年月日
●性別
●現住所
●電話番号
●会員ID(メールアドレス)
●パスワード(ログイン用)
●最終学歴・卒業区分
●現在の勤務状況
●転職回数
●直近の勤務先会社名・業種・職種・年収
●自由記入欄(連絡が取れる時間帯などがおすすめ)

登録が無事に終わると、担当するエージェントから電話かメールで連絡がくるので、ここで面談をする日程を決めてサポートがスタートします。

 

入力内容は少し多いですが、それでも5分前後もあればできますので、ブラック企業以外の優良会社の正社員を目指している方は、一度無料登録して面談をしてみてはいかがでしょうか?

▼ ▼ ▼
転職成功の秘訣は【非公開求人】にあった!/DODAエージェントサービス

 

さいごに

今回は『20代派遣社員は早目に正社員を探すのが得策!理由とおすすめ就職支援サイト』についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

じつは転職支援サイトの多くは、20代を対象にしているケースも多いのが早めに行動をおすすめした理由でもあります。

雇う企業としても、長く雇用して経験を積ませることができた方がプラスになりますからね。

自分一人ではなかなか優良企業の正社員になるのは難しいと思っているのなら、こうした無料サービスを利用してみてはいかがですか?

 

【転職・求人サイトはコチラも人気があります】

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)