アフィリエイト初心者におすすめ!記事を効率よく書くための3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アフィリエイトは、自宅に居ながらネット環境を利用してお金を稼ぐことができる今大人気のネットビジネスです。

ブログやホームページ、ワードプレス、SNSなどに広告を掲載して、そこから売り上げが発生したり、会員登録などのアクションが起きると報酬がもらえます。

そのために毎日せっせと記事を投稿していくのですが、あなたは1記事あたり何時間かかっていますか?

初心者の方の中には、1記事書くだけで2~3時間はあたりまえ・・・といった悩みを抱えている方も少なくはありません。

 

そこで今回は、

アフィリエイト初心者におすすめ!記事を効率よく書くための3つのコツ

についてご紹介していきます。

副業としてアフィリエイトを選ぶとなると、やっぱり時間は限られてしまうので、少しでも早く書き上げたいですからね。少しでもお役に立てる記事であれば幸いです。

 

アフィリエイトについて

これからアフィリエイトを始めようとして当記事をご覧いただいている方もいると思いますので、簡単に仕組みをご紹介します。

アフィリエイトは、サイトやSNSに広告を貼りつけて、そこから商品購入などのアクションが起きると報酬が発生する完全出来高制のビジネスです。

 

また、いきなり商品を紹介しても誰も報酬を支払ってくれないので、まずはASP(アフィリエイト・サービス・プロパイダ)と呼ばれるサービスに会員登録が必要です。

基本的には、18歳以上で年会費や登録料は無料です。

 

大手ASPにもなると、個人会員の方でも一カ月で1000万円ほど稼ぎだすような方もいます。

ただし、過大広告のせいで勘違いをしてしまう方もいるのですが、アフィリエイトは1~2カ月やったくらいでは稼ぐことはできません

稼げるようになるためには、正しい方法を身につけて、それを続けていくことが重要です

 

間違っても『1日3分、1カ月で10万円稼ぐ方法』みたいな怪しい情報に惑わされないようにしてください。

よくある「1時間で数万円を稼ぐ方法」のネタバレついては以下の記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

【関連記事】

 

アフィリエイト記事の書き方

アフィリエイトの記事の書き方には、じつを言えば正解はありません

なぜなら、一般的に稼げないと言われている方法も、ちょっとした視点を変えるだけで稼げるようになることもありますので、とりあえず報酬が発生すればその方法が正解となります。

ですので、近年よく聞く『文字数制限』ももしかしたら抜け穴のようなものがあるのかもしれませんね。

ただし、文字数に関してはもちろん重要であることには変わりがありません。

 

ですが、『文字数』を意識しすぎてしまうのも間違っています

大切なのは、訪問した方にとって有益となる情報を提供することができているのかどうか、です。

基本的には1記事で1,000文字以上は欲しいところですが、同じような言い回しを繰り返していたら意味がありませんよね?

訪問者は、同じ内容だと思ったらそこで違うサイトに移動してしまうので、どんなに文字数があっても滞在時間は短くなってしまうのです。

 

毎回1,000文字の壁を超えることができないのは、単純にその商品に関するリサーチが足りていないからです。

あなたがアフィリエイトする商品で狙うキーワードに関してだけでも、もっといろいろと調べて情報量をどんどん増やしていくようにしましょう。

情報量が増えてくれば、自然といろんな方向から商品を紹介することができるようになるので、結果的に文字数も多くなっていきます。

 

リサーチしても足りない場合は

いくらリサーチしても、ぜんぜんボリュームのある記事にならない・・・という悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

そんな時に使える方法ももちろんあります。

 

それは、『例を使う』ということです。

商品について何か説明をするときに、ただ詳細や使い方をずらずらと並べているだけではつまらないですし、ボリュームもオリジナリティもありません。

そんな時は例題を使って説明をしてみると、他のサイトとは違った感じになるので、訪問してくれた方にも読みやすく、想像しやすい内容となります

商品の購買意欲を刺激するためには、自分が使っているところを想像させるところも大切なことですからね。

例を使うといっても、いろんな角度から説明することができるので、ぜひお試しください。

 

記事の構成を考える

例を使う方法があまり得意ではないという方もいます。

そんな時は、記事を書くときの構成を考えてみましょう。

思いついたら記事にしていくのでは全体的にバラバラな内容になってしまいますからね。

そこでまず最初に『記事の枠組み』を考えてみてはいかがでしょうか?

 

たとえばですが、私がよく使っているテンプレを紹介してみると以下のようになります。

記事タイトル(キーワード)

〇イメージ画像 冒頭の出だし文章(200~300文字以上)

〇見出し1(キーワード1について)

内容

〇見出し2(キーワード2について)

内容

〇見出し3(キーワード3について)

内容

〇まとめ

このような感じで、記事を段落に分けて構成していくと、文章を書くほうも読む側としても分かりやすいですよね。

実際、この方法は今も私がアフィリエイトサイトで実践している方法の1つでもあります。

大切なことは、あなたの書きやすい構成を作ることです。

あなただけの記事のテンプレートを作ってしまえば、あとは内容を変えていくだけですので、1記事にかかる時間も短縮することができます。

 

リサーチは事前にやっておく

アフィリエイト記事で1,000文字以上のボリュームにしようと思うと、それなりの時間がかかります。

その上、商品選びからキーワード選定までもやるとなるといくら時間があっても足りません。

 

そこで、少しでも作業時間を減らすために、

商品選び、キーワード選定は事前にやっておく

ということも心がけるようにしましょう。

私の場合は、昼間は働いていますので、その休憩時間を使ってどんな商品をアフィリエイトするのかを決めておきます。

やっていくとある程度キーワードについては分かってきますし、調べるだけならパパッと終わりますので、とりあえず、ネタを仕入れておきます

こうすることで、帰宅してからすぐにキーワード選定をして、あとはテンプレに文章を入れていくだけですからね。

通勤時間や昼休みなど、空いた時間に商品選びだけでも済ませておくと効率がかなりアップします。

 

さいごに

今回は『アフィリエイト初心者におすすめ!記事を効率よく書くためのコツ』についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

時間がかかるといった悩みを抱えている方の多くは、記事の書き方がわかっていない・テンプレができていないことが原因であることが多いです。

 

わたしも最初のころはたった500文字程度の記事を書くだけで2時間以上もかかっていました。

今では1,000文字くらいであれば30分もあれば十分になりましたが、やっぱり最初のころはすべてが分からない未知の世界ということもありますから時間がかかるのは仕方のないことです。

少しずつでも良いですから、あなたなりの記事構成を考えて、商品選びはスキマ時間にやっておくクセをつけるようにすることで、少しずつ作業時間を短縮することもできます

毎日続けていれば自然と身についていくものですので、焦らずにまずは質の高い記事を投稿できるように頑張ってみてください。

 

これからアフィリエイトを始められる方は、まずはASPに無料登録をしてみましょう。

当サイトおすすめのASPは『A8.net』です。

商用利用ができる無料ブログもありますし、月数百万と稼ぐ会員もたくさんいる初心者~ベテランの方まで多くの方が愛用している国内最大級のASPです。

▼こちらからA8.netに無料登録できます▼


A8.net 安全性や評判・評価はこちら

 

【あわせて読みたい!人気記事はこちら】

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. ぴーちゃん より:

    ワラフジさん こんばんは!
    今回も、初心者にわかりやすく書いて下さりありがとうございます。

    記事を書くのが苦手な私にも実践できそうです。

    1. ワラフジ より:

      ぴーちゃんさん、こんにちは。
      今回は記事の書き方をいろいろとご紹介してみたので、出来そうなところからチャレンジしてみてくださいね。
      最終的に記事のテンプレを自分で作れるところまでいくと作業効率もアップします。
      私も記事を書くのはあまり得意ではありませんが、構成やテンプレを作るようになってからは効率も上がって、報酬も発生するようになったのでぜひお試しください。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)