アルバイトで採用されるために大切なこととは【夏休み編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長い夏休みを使ってアルバイトをしてお金を稼ごうと思っている人もたくさんいると思います。

夏休みは、休みも長ければいろいろとイベントなども多くなるシーズンですから、アルバイト募集の求人数もたくさんありますので、いろいろな条件や職種を探しやすくなっています

 

ですが、当然あなたと同じように夏休み中にアルバイトをしようと考える人もたくさんいますので、油断していると希望の条件のバイト先を見つけることができなくなってしまいます。

求人サイトなどで、「これはっ!」と思ったバイトを見つけても、「あとで応募しよ~」とのんびりしていたら、募集が締め切られている可能性もあるので、早めの行動をすることも大切です。

 

そこで今回は、

アルバイトで採用されるために大切なこととは【夏休み編】

についてご紹介していきます。

不採用が続いて、なかなか採用されないという方もぜひ最後までご覧ください。

 

アルバイト求人探しのコツ

夏休みの期間アルバイトを探すときには、パソコンやスマホから利用することができるアルバイト求人サイトを使った方法がおすすめです。

常に最新の情報をチェックすることができますし、会員登録しておけば気になった求人にすぐに応募することもできるので、乗り遅れてしまう心配もありません。

ですが、求人サイトを使っていてもなかなか応募したいバイト先が見つけられないという人も少なくありません。

そんなときはどうすればいいのかをまずは見ていきましょう。

 

バイトしたい条件をハッキリと決める

とくにやりたい仕事などもなく、なんとな~く求人サイトを見てるのではなく、あなたがどんな条件で働きたいのかをハッキリとさせておきましょう

頭の中に思い浮かべるだけではなく、実際に書き出していくことでよりやってみたいバイトが明確になっていきますよ。

 

例えば、以下のような感じで書き出してみてください。

●時給が高いバイト
●給料は少ないけど、楽な作業
●自宅から○分以内のバイト先
●友達と一緒に働ける
●イベントやお祭りなど楽しめそうな仕事
●1日4時間など、働く時間が短いバイト
●知識や経験が生かせる

このように、いろいろと書き出してみたら、その中で優先順位を決めていきましょう。

なぜなら、あなたのすべての希望を叶えてくれるお仕事は存在しないからです。

まず第一に優先する条件はどれにするのかを決めておくことで、バイト探しがスムーズになるので、人気のバイト先でも、募集が始まったらすぐに応募することができるようになります。

 

求人サイトは複数サイトを使い分ける!

なかなかバイトを決められない人の特徴で多いのが、1つのアルバイト求人サイトしか利用していない人です。

求人サイトといっても、得意な職種やジャンルなどが少し異なっていますし、中には非公開求人を取り扱っている求人サイトも存在します。

 

そのため、より、あなたの希望に近いお仕事を探すのなら、1つのサイトにこだわらずに複数のサイトを利用したほうが、よりあなたにピッタリな条件のバイト先を見つけやすくなります。

求人サイトは、登録も年会費も完全無料です。

利用するサイトを増やしたからといってデメリットはありませんので、積極的に活用していきましょう。

 

条件に合ったバイト先を見つけたら

希望する条件のアルバイト求人を見つけたら、すぐに応募するようにしましょう。

良い条件のバイトほど、多くの方が殺到するのでのんびりしてるとすぐに募集は終了してしまいます

アルバイトは、1つの求人に応募したからといって、他のバイト先に応募できなくなるわけではありません。

しかも、100%採用される保証もありませんので、良い条件のバイトを見つけたときには、すばやく応募することも大切です。

 

夏休みのアルバイト探しで採用されるために!

すばやく応募はしてるけど、不採用が続いていてなかなか採用してもらえない」と悩んでいる人も多いと思います。

不採用になる理由は、会社にもよりますが、実際に会社で面接官をやっていたこともある私の経験からいくつか採用されるためのコツをご紹介させていただきたいと思います。

そこでここからは、どんなところに気をつければ採用されやすくなるのかをチェックしていきましょう。

 

面接中に気が緩んでいる?

「正社員とは違って、アルバイトだからすぐに採用されるでしょ・・・」と勘違いしてる人も中にはいます。

履歴書を手抜きで作っていたり、面接のときの態度や服装などもしっかりとすることが大切です。

とくに履歴書は、字が汚くても問題ありません。どちらかといえば汚い中でも丁寧に書いている努力が見えれば、それだけでも評価は上がります。

 

また、面接をするときには最低でも5分前には、面接場所に到着するようにしましょう。

遅刻をするなんてことは、たとえバイトであってもNGです。

ギリギリの到着も、応募しているライバルが多ければ、その時点で落とされてしまいますので、事前に面接場所をしっかりと調べておいて、時間に余裕を持って出かけるようにしましょう。

服装は派手すぎなければ私服でも大丈夫です。

 

やる気があることをアピールすることも大切

面接をするときは、正社員でもバイトでもほぼ必ずされる質問が「やる気があるのか?」です。

雇う側としては、やる気のない人を雇ってしまうと、仕事をさぼったり、欠勤が多くなるリスクがあるので、当然採用することはありません。

 

だからといって「やる気があります!」というだけでは、まだ少し足りません

これは他のアルバイトに募集してる人も同じように言っているのでインパクトもなく、面接官の印象に残りにくいからです。

ですから、以下のように理由を伝えながらアピールするようにしましょう。

●将来○○系の仕事をしたいので、こちらで経験を積みたいと思った。
●以前に似たジャンルのバイトをしてるので、その経験が活かせると思った。
●以前から○○系の仕事にはとても興味があってやってみたかった
●知識や経験を活かせる仕事で戦力になれると思った

など、少し踏み込んでアピールすると印象にも残りやすくなります。

 

また、口だけではなく、話をしてる時の姿勢にも注意しましょう。

とくに、猫背の人はそのままの状態だと説得力がかけてしまいます。

面接をしてるときは、意識して背筋もしっかりとのばすことも忘れないようにしましょう。

 

それでも不採用になったときは

採用されるコツをいろいろと実践してみたけれど、「不採用になってしまった・・・」という人もかならずいます。

夏休みのアルバイトは、学生~大人までバイトを探してる人がとても多くなる時期でもあるので、どうしてもライバルが増えてしまうので、中にはなかなか採用してもらえないこともあります

 

でも、だからといって「バイトにすら採用されないなんて・・・」と自信を無くしてしまう必要はありません。

ライバルが多いということは、もしかしたら会社が求める資格を持ってる人が応募してきたりする確率も上がっているので、決してあなたが悪かったわけではないからです。

 

ただし、不採用が何社も続く場合は、履歴書の志望動機の見直しや、服装、面接するときの態度などを見つめなおしてみるのがおすすめです。

最終的に採用するか不採用にするかは面接官という人間です。

その人に、しっかりとあなたという存在をアピールすることができれば、バイトでも会社員の面接でも採用される確率はアップしていきます。

 

夏休みのアルバイト求人探しを始めよう

今回は、『アルバイトで採用されるために大切なこととは【夏休み編】』について、いろいろと紹介してきましたが、いかがでしたか?

いろいろと細かく書いてきてしまったので、もしかしたら自信がなくなってしまった人もいるかもしれませんが、そこまで難しく考える必要はありませんよ。

 

雇う側も、正社員ではなくアルバイトの面接なのですから、そこまで完璧さを求めているわけではありません

逆に、面接官と面接の中で仕事とは関係ない話で盛り上がったりすれば、そのまま採用された!なんていうケースもありますからね。

あんまり考えすぎてしまうと、今度はバイト先を探すことさえもできなくなってしまうので、気になったバイトがあればどんどん応募してみてください。

 

また、ここからはパソコンやスマホから使いやすいと好評のアルバイト求人情報サイトをご紹介していきます。

すべて登録や年会費は無料ですし、安全対策もきちんとできている老舗のサイトですので、安心して利用することができます。

さらに、バイトが決まるとお祝い金ももらえますので、夏休みのアルバイト探しにぜひお役立てください

おすすめのアルバイト求人サイトはこちら

チェック⇒日本最大級のアルバイト求人サイト【アルバイトEX】

チェック⇒採用祝い金がもらえるアルバイト情報サイト【マッハバイト】

チェック⇒お祝い金がもらえるアルバイト・求人サイト【マイベストジョブ】

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)