ちょびリッチは悪質なサイト?被害者は?危険性を徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポイントサイトのちょびリッチは、330万人以上が利用していて、運営実績も15年以上という老舗のサイトとして人気があります。

以前まではコンテンツも少なく、目玉となるようなサービスやキャンペーンもなかったため、あまり人気がなかったのですが、2015年以降から少しずつ改善を続けてきていて、今ではとても稼ぎやすくなりました。

キャンペーンも頻繁に開催されていて、イベントも豊富にあるので、自然とネットで紹介される回数も増えたことで一気に会員数を増やしているのです。

ところが、ちょびリッチについてネット上で調べてみると「悪質」とか「被害」といったちょっと登録はしたくなくなってしまうようなキーワードも見かけたりしますよね。

いくら人気があっても、このようなウワサが本当なら登録はしたくありませんよね。

 

そこで今回は、

ちょびリッチは悪質なサイト?被害者は?危険性を徹底検証

という内容でご紹介していきます。

これからちょびリッチに登録してみようと思っている方も、ぜひ最後までご覧ください。

 

ちょびリッチの運営会社をチェック

まずは、ちょびリッチを運営している会社はどんなところなのかを確認していきましょう。

●会社名:株式会社ちょびリッチ

●設立 :2004年8月

●資本金:6,570万円

●所在地:東京都杉並区高円寺南1-7-4 杉木ビル2階

 

ちょびリッチを運営する会社は、株式会社ちょびリッチです。

設立は2004年の8月からということで、ポイントサイト業界の中でも老舗のサイトということです。

悪質なサイトの場合は、こういった企業情報を細かく掲載することはまずありません。

 

そんな運営会社ですが、その成長スピードには目を見張るものがあります。

例えば、当初は資本金1,000万円でスタートしていたのですが、2006年7月には資本金3,500万円に増資されていて、今では、6,570万円にまで増資されているのです。

さらに、子会社も設立しているほどの急成長をしているほどです。

住所も、子会社名もすべて会社概要からチェックすることができる企業ですから、悪質な運営ということはありません。

運営会社情報を調べる限りでは、ちょびリッチは健全で優良な企業が運営しているということです。

 

ちょびリッチは悪質?危険性は

では、ポイントサイト側のちょびリッチが悪質危険性があるのかをチェックしていきましょう。

ポイントサイトでよく言われる悪質なサイトの代表的なポイントとしては、「退会できない」「ポイントが交換できない」「サービスを利用しても非承認になる」「有効期限が極端に短い」などがありますよね。

 

そこで、ちょびリッチは上記の項目に当てはまっているのかをチェックしていきましょう。

●退会方法:マイページの「退会手続き」からできる

●ポイントレート:2pt=1円

●ポイントの有効期限:1年以上ポイントを獲得しないと失効

●最低換金額:1,000pt(500円分)~

このようになっています。

 

ちょびリッチは、登録はもちろんですが退会も簡単に行うことができます。

マイページからすぐに手続きに移ることができるので、分かりやすく危険性は少ないでしょう。

 

また、ちょびリッチのポイントレートは2pt=1円で500円分から換金することができます

悪質なサイトの場合は5,000円以上などのようにケタが違うので、問題はありませんね。

 

そしてちょびリッチのポイントの有効期限ですが、普通に利用していれば気にする必要はありません

1年間1ポイントも獲得しない時点でサイトを利用していないと判断されるので、この時点で失効するだけですよ。

ちょびリッチの場合は、無料アプリのインストールやゲームなど、毎日とは言わなくてもポイントを獲得できるお手軽サービスもたくさんあるので、利用していて失効するという心配は必要ないです。

 

ポイントを交換できない?

ちょびリッチで貯めたポイントは換金しないことには価値がありませんよね。

そこで現金や電子マネー・ギフト券に交換をすることになります。

悪質なサイトの場合は、ここで【換金できなかった】なんていう被害に遭われる方も少なくありません。

 

そこでちょびリッチのポイント交換についてもネット上で調べてみると「換金できない」といったような被害の声はありませんでした

私もちょびリッチはもう何年も利用してきていて、何度も換金していますが毎回しっかりと指定した口座にポイントを換金することができていますからね。

ただ、ちょびリッチの場合は申請したからといってすぐにポイントが交換されるわけではありません。

現金に交換する場合も、指定する口座によって3~4営業日を必要とするのです。

 

また、ちょびリッチは「JIPC加盟」サイトでもあります。

JIPCに加盟するには審査を通過するだけではなく、加盟したサイトには独自の決まり事を守るルールも課せられるのです。

その中には、ポイント交換についても明記されていますので、むしろJIPCに加盟しているということで換金することができないといったことはまずありえません。

ちょびリッチは、ポイントの交換についてもしっかりと対応してくれる優良サイトということです。

 

ちょびリッチは本当に無料で利用できるの?

ポイントサイトなどのサービスを利用したことがない人からすると、「後で金銭を要求されたりするのでは?」と不安になってしまう方もいると思います。

ですが、ちょびリッチは15年以上続く老舗のサイトで330万人以上が利用する大人気サイトです。

登録はもちろん年会費も完全無料ですので、登録したからといってお金を請求されるようなことはまずありません

 

ただし、ちょびリッチ内のサービスで有料のサービスを利用したときはもちろんお金を払いますよ。

例えば以下のようなサービスを利用するとお金が必要になります。

●ちょびリッチ経由でネットショップでお買い物をする

●モニターを体験する

●月額制のサービスを利用する

これらのサービスは、お買い物をした金額に対して数%のポイントが還元されるようになっています。

そのため、最初は通常のお買い物のように商品代金を支払う必要があります

とはいっても、何もしていないのにお金を請求されるということは絶対にありえません。

ネット上の口コミを調べても、そのような不当な理由で金銭を請求されたといった被害は見かけることがありませんでした

ちょびリッチは、無料で安心して利用することができるポイントサイトということです。

 

個人情報が悪用される可能性は?

ちょびリッチに会員登録するのは完全無料ですが、最低限の個人情報の入力はありますよね。

そのため、悪用されたり流出したりしたら不安になるという方もいるのは当然です。

 

そこで、まずはちょびリッチへの会員登録で必要な個人情報について見ていきましょう。

●名前

●メールアドレス

●生年月日

●ニックネーム

●パスワード

●都道府県

●性別

以上です。

 

名前の入力こそ必要になりますが、番地などあなたの自宅を特定できる住所の入力は必要なく会員登録をすることが可能です。

このとき、「なら偽名で登録しちゃえ!」と思われる方もいると思います。

ですが、偽名で登録するとポイントの交換ができなくなります。

これは、登録した名前と指定した銀行口座の名義が一致しないといけないからです。

不正ログイン対策の1つですので、本名で必ず登録するようにしましょう。

 

また、登録ページにはSSLがきちんと導入されています。

このSSLは入力された情報を暗号化する技術のことで第三者からは入力内容がわからないようにしてくれるので、誰かにパスワードがバレルような心配もありません。

ちょびリッチは、このように最低限の個人情報の入力とSSL導入でしっかりと守られていますので、悪用されるリスクはありません。

 

TRUSTeマークを取得している

ちょびリッチには、プライバシーマークがありません。

そのため、「個人情報は本当に守られてるの?」と心配になってしまう方も少なくないようです。

 

ですが、ちょびリッチ公式サイトのページ下部を見ると「TRUSTeマーク」があります。

このマークを取得しているサイトは、厳しい審査をクリアして、個人情報保護が適切である証です。

簡単いまとめると、

●プライバシーマーク:事業者が取り扱う個人情報全般が保護対象

●TRUSTe:ウェブサイトから取得する個人情報が保護対象

という違いがあるだけです。

TRUSTeはウェブサイト向けのプライバシーマークですので、ポイントサイトではこちらでも十分安全性はあると判断することができます。

 

JIPC加盟の貴重なポイントサイト

ちょびリッチは、数あるポイントサイトの中でもJIPCに加盟をしている貴重なサイトの1つです。

先ほども少し触れましたが、JIPCとは日本インターネットポイント協議会の略称で、ポイント業界の健全な発展を目的として設立された非営利団体です

このJIPCに加盟するためには、一定の基準を満たす必要がありますので、当然悪質なポイントサイトは加盟することができません。

 

では、JIPCに加盟しているサイトの何が良いのかというと、加盟サイトには以下のような約束を順守するルールがかせられるのです。

1、誠心誠意、サービスの運営を行う

2、ユーザーの皆様の利益を損なうことのないように努める

3、ユーザーの皆様からのポイント交換はいつでも受け付ける

4、サービス終了やポイント価値の変更がある場合は、最低1カ月前に必ず連絡をする

5、JIPCは、上記内容を遵守しないポイントサービスや会社の加盟は許さない

という5つの約束があります。

この中でも、あなたや私のように利用する側からすると、3番・4番のお約束はとてもうれしいですよね。

ちょびリッチは、独自のルール以外にも、このようにJIPCの約束事もしっかりと守っているポイントサイトですので、健全に安心して利用することができるサイトと判断することができます。

 

ちょびリッチは悪質?危険というウワサについて

ちょびリッチに登録する前に、危険性悪質なのか、評判を調べる人も少なくはないと思います。

そんなとき、掲示板などを使っていろいろと情報を集める人もいるかと思いますが、その場合は最近の投稿をチェックするようにしましょう。

 

なぜなら、最初にお伝えしたようにちょびリッチが使いやすくなったのは2016年以降なのです

それ以前の評価はもちろん、「稼ぎにくい・使いにくい」というような書き込みもありましたし、私も当時使っていた時は、いつ退会しようか迷っていたほどです。

ですが、ポイントサイトはいつ転機が訪れるのかわかりません。

2016年以降からは、どんどん使いやすいサービスが始まり、キャンペーンの開催頻度も増えてきているので、サービスを使えばポイントが貯まりやすいポイントサイトの大改善されているのです。

 

そのため、現在ちょびリッチを利用している人の中にはたった1カ月で30万円以上稼ぐような人もいるほどです。

会員数がどんどん増えだしたのもこの時期ですので、口コミを調べるときはなるべく新しい情報で情報収集するのがおすすめです。

管理人のワラフジも、今ではメインサイトの1つとして毎日訪問しているポイントサイトになっていますので、それだけ使いやすくなっていほどですよ。

 

まとめ

今回は、『ちょびリッチは悪質なサイト?被害者は?危険性を徹底検証』についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

ちょびリッチには興味はあるけれど、「悪質なサイトだったら・・・危険なサイトだったら・・・」と不安に感じる人も少なくありません。

 

ですが、それぞれしっかりと調べていくと、サービスはどんどん改善され、キャンペーンも増えていますし、運営会社もしっかりとしていて、安全対策もきちんと力を入れていることがわかりましたよね。

ネットで調べていても「個人情報が流出した」とか「迷惑メールが来た」「ポイントが交換できない」といった被害に遭われたという人はいませんでした。

何よりそんなことがあれば15年以上も運営を続けることはできずにサイトは閉鎖しているはずです。

長く運営することができてるということは、それだけ使いやすいサービスやコンテンツなどの秘密があるということです。

 

ちょびリッチは、パソコンやスマホで気軽に利用することができるので、スキマ時間のお小遣い稼ぎにおすすめのポイントサイトです。

登録や年会費は完全無料ですし、個人情報もほとんど必要ないので安心して安全に始めることができますよ。

 

また、当サイトからちょびリッチに無料登録して、登録した月の月末までに1pt以上獲得すると500pt(250円分)の特典ポイント付きでお得です(特典は翌月中にプレゼントされます)

最低交換額500円分の半分がもらえますので、初換金が早くなりますのでぜひGetしてくださいね。

こちらからちょびリッチに無料登録して特典Get
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)